皮膚科について

皮膚の病気には、たくさんの種類があります。
原因もいろいろで、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、極めて多様です。
簡単に治るものもありますが、根気よく気長につき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかも治療法は限られています。しかし、たとえ決定的な治療法は無くても、適切なスキンケアと軟膏などの外用療法を行うことによって、より良い状態を保ち、こうした皮膚病と上手につき合っていくお手伝いをいたします。

思わぬ内科的疾患が見つかるケース

また、「皮膚は内臓を映す鏡」という言葉を耳にされたことがおありかと思います。内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合って、肌の症状として現れて来ることが少なくないのです。

ですから、小さな皮膚疾患を検査しているうちに思わぬ内科的疾患が見つかるケースもありますので、皮膚の異常が見られたら、早めにご相談ください。

以下のような疾患で一般皮膚科を受診なさる方が多く見受けられます。

一般皮膚科

  • 湿疹
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • ニキビ
  • 水虫(白癬)
  • 虫さされ
  • 巻き爪
  • ほくろ
  • やけど
  • けが(外傷)

皮膚のことなら何でもご相談ください

上記のような皮膚疾患以外にも、日頃のスキンケアの悩みや乾燥、肌荒れなど、皮膚のことで少しでも気になることがございましたら、何でも遠慮無くご相談ください。

よく見られる皮膚疾患について、ご説明いたします。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。
痒みが強いのですが、掻くとさらに悪化し、悪循環を招きますので、治療によって痒みを抑える必要があります。
喘息のほか、アレルギー性鼻炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。
アトピー性皮膚炎の治療にあたっては、血液検査などの検査をした上で、外用薬のステロイド剤、免疫抑制剤、保湿剤等を用います。

湿疹

皮膚科を受診される患者様に非常に多く見られる疾患です。
ブツブツや小さな水泡、赤みなどが混ざって現れ、痒みもともないます。
原因として考えられるものには、自己免疫や食べ物アレルギー、ダニ、ハウスダスト、薬疹、ウイルスなどがあります。
湿疹・かぶれなどは痒みをともなうことが多いため、ついつい掻いてしまいがちです。
しかし、掻いて治ることはなく、むしろ掻くことによって患部を掻き壊してしまい、化膿や悪化を招き、患部が拡大してさらに痒くなる、という悪化のサイクルに陥ることが少なくありません。
痒みや炎症を抑える薬を上手に使って、こうしたサイクルを抑える必要があります。

蕁麻疹

痒みの強い、丸っぽい形の、わずかに盛り上がったミミズ腫れが数分~24時間以内に出来て消えていく皮膚疾患を蕁麻疹(じんましん)と言います。
4週間以内に治るものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と言います。
蕁麻疹の原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など、さまざまです。
検査としては皮内反応や血液検査IgE RAST法、一般血液検査等を行いますが、慢性蕁麻疹では原因が特定出来ないことが少なくありません。
蕁麻疹の治療には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを使います。

ニキビ

ニキビは誰もが知っている身近な皮膚疾患ですが、顔に出来ることが多いため、気にする人も多いものです。
ニキビの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、ニキビの元となるニキビ菌は増殖していき、症状を悪化させます。
大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、さまざまな要因が複雑に絡み合って出来ることが多く、治りにくいのが特徴です。
治療にあたっては、ニキビの種類と重症度を判断し、外用薬(抗生物質の外用、イオウ製剤など)、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬など)、理学療法(赤外線治療など)などの中から選択します。

自由診療メニュー

当院では、自由診療にて下記のような治療を行っております。

イオン導入

イオン導入とは、微弱な電流を使って、そのままでは浸透しにくいビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分を肌の奥へと届ける美容法です。
私たちの肌の角層(表面の皮膚)は酸性で、陽イオン(+)が多くなっています。しかしその内側の層は陰イオン(-)でアルカリ性に保たれ、互いに反発し合い、角層と顆粒層の間には電気の膜が出来ています。通常はこの電気の膜に阻まれて、美容成分は角層よりも奥に浸透することが出来ません。
イオン導入で肌に電流を流すと、角層と顆粒層が中性に傾き、反発が弱まります。すると浸透を妨げていた電気の膜のはたらきが弱まるので、成分を肌の奥まで届けることが出来るようになるのです。
また、ビタミンC誘導体は(-)イオンを帯びています。マイナス同士、プラス同士は反発し合うため、イオン導入で(-)の電流を流すと、(-)イオンを帯びるビタミンC誘導体はそれに反発して肌の奥まで押し込まれていきます。このようにして、イオン導入では美容成分を肌の奥まで浸透させるのです。

プラセンタ注射

「プラセンタ」とは“胎盤”のことです。
プラセンタには、赤ちゃんを誕生させるために必要な豊富な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的とも言える成長を遂げるために必要とされる成分)が含まれています。プラセンタは体内状況を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に戻そうとする力を発揮します。
もともとは肝機能改善薬として認可された注射薬なのですが、アンチエイジング(老化防止)に役立ち、若返り効果や美肌作用があるため、多くの女性の治療に取り入れられています。
当院ではプラセンタ注射を希望する方には、適切な用法・用量を検討の上、投与いたします。

ニンニク注射

ニンニク注射はビタミンB1を主成分とした静脈注射で、注入すると鼻の中に、ニンニクのような硫黄の匂いが広がることから、こう名付けられました。
スポーツ選手などに利用者が多いこのニンニク注射は、疲れやだるさ、倦怠感を早く回復させたい方にとって、たいへん有効です。ビタミンB1不足を起こすと、全身の倦怠感、食欲不振、皮膚症状など、さまざまな障害が現れやすくなります。
ビタミンB1は食事やサプリメントでも、ある程度補うことは出来ますが、症状が強い場合や即効性を期待する場合は、注射による補充が有効です。疲労回復、筋肉痛、肩こり、冷え症、腰痛、関節痛、ニキビ、肌荒れ、口内炎の改善等に効果があります。
疲労感の強いときや体力を回復したいとき、病後、夏バテで食欲の無いとき、元気に仕事をしたいときなどにお勧めです。美しさや健康を保つ上でも、とても効果的です。

ピアス穴開け

ピアスホール用器具が市販されていますが、自分でピアスを開けると、ピアッシングの方向がずれて斜めにホールが開いてしまったり、前後のケアを怠って炎症を起こしてしまったりなど、なにかとトラブルが生じがちです。特にピアッシングの方向に気を使うボディピアスは、専門医に任せるのが安心です。
また、耳のピアスホールは炎症が起こりやすい場所なので、こちらもアフターケア用の消毒剤が処方される医療機関でのピアッシングをお勧めいたします。

クリニック概要

とし・クリニック

〒177-0033
東京都練馬区高野台1-10-3 モールサイメイ1F

無料駐車場2台分完備

TEL:03-3996-5676

診療時間 日・祝
9:00 - 12:30
15:00 - 18:30

月・火・水・木・金 9:00~12:30 15:00~18:30
土 9:00~13:00 休診日:日、祝
【受付時間】午前 8:30~12:15(土のみ12:45)
      午後 14:45~18:15

      

初診の方へ

求人情報